裏急後重

いろいろ調べてみました。

裏とは、外邪と内傷により起こる証候。第一に外邪性で身体の最も深い部位、すなわち裏(腸管及びそこに隣接する臓器類などの臓腑及び陰部・気血・骨髄など)にある病証。多くは外感病を発病後、一定の期間を経過して起こる場合と邪気が直接臓腑を傷害した場合(直中)がある。第二に内傷性で精神的ストレス、疲労、性生活の不節制、飲食の不節制などで臓腑が傷害されたもの。主な症状として悪熱、口渇、腹痛、嘔吐、腹部膨満感、下痢または便秘、小便が多いまたは少ない、血尿、舌苔は厚、脈は沈がある。

裏急
腹裏拘急ともいい、腹直筋などの異常なつっぱりによって起こる腹部の引きつれのこと。


裏急後重 =しぶり腹
漢方医学の証名。

頻繁に便意を催し、排便は稀にして肛門部の急迫様疼痛に苦しむ状態。

便意はあるが出そうで出ない状態、又は出てもしぶってスッキリ出ない状態。

多くは湿熱気滞により起こる。《難経57難》

後重 (こうじゅう)
=(便意あるも排便無し。)



と言うことなのですが、それぞれの漢字の意味を分かりやすく説明してあるサイトを見つけました。

http://baian.sunnyday.jp/2017/02/09/%E8%A3%8F%E6%80%A5%E5%BE%8C%E9%87%8D%EF%BC%88%E3%82%8A%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%91%B3/

納得・・・







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

houq

Author:houq
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR