昨日の筍は

IMG_0642.jpg


筍ご飯とみそ汁になりました。

私はどちらも作って味見をしただけです。

出来立ての筍ご飯は味見の一口が美味しい。

炊飯器が三合炊きなので炊き込みご飯は二合しか作れません。

少し物足りないのですが普段は一合づつしか炊きませんから仕方がありません。

話は変わって今日は歯医者さんの日。

お腹の調整がうまくいかなかったけど、ロペミンを飲んで何とか行くことができました。

次は少し時間がかかると言われたので今度こそはうまく調整しなくては。

単に前日に下剤でお腹を空にするだけですが、最近は下剤も思うように効いてくれません。

出したいときに出なくって、出てはいけないときに我慢できなくなる。

外見は元気そうに見えるので誰もいたわってくれないし。

難儀なことです・・・・・と他人事のように言うしかないか。




スポンサーサイト

地炉利



ハリオの丸地炉利です。
中に氷入れがあるのでお酒をうすめずに冷やすことが出来ます。
以前から探していたのですが、この辺に売ってないのでアマゾンで
買いました。

取っ手が立ったままなので酒を入れる時いちいち取っ手を外すのが面倒です。
少し高いのですが取っ手をねさせることが出来るバージョンもあったようです。

そのうち何か別の取っ手に替えようと思って居ます。

注ぎ口は裏漏りもなく気持ちよく注ぐことが出来ます。
中のお酒は娘が福井で買ってきてくれたレア物です。
明日にでもそのお酒の紹介をしたいと思います。

今まで飲んだお酒で一番高価なお酒。

クリスタル カットグラス





頒布会のボヘミアングラス。
メーカーは忘れました。

クリスタルのカットグラスでしっかりした重みがあります。
ほとんど使った事はありません。
ロックグラスを小さくしような感じで日本酒には
向いていないような気がします。

重量もありすぎて今ひとつ。
これももったいない買い物の一つです。

でもこれだけのカット入れるのは大変だと思います。
見ている分には綺麗すぎるほど。

カットが見えるように写真を撮るのは苦労しました。
カメラの感度を上げてあるのでノイズが出てしまってます。
ストロボを炊くとカットが飛んでしまうので。

Egermann(エーゲルマン)  金彩、ペンドローイングの酒器





Egermann(エーゲルマン)  
金彩、ペンドローイングの酒器

頒布会のグラス。
カリガラスなのでかなり軽い。
知らずに手に取るとプラスチックと間違えそう。
見ている分には綺麗。
これでお酒を飲んでもあまり美味しくはない。
なので滅多に使うことはない。
頒布会は写真でしか判断できないので、こんなのもある。
カタログで見ていたときはこれが一番綺麗と思ったのだけど。

でも使わないのももったいないのでたまには使おう。

エナメルペイントの酒器





メーカーはクリスタレックス社?忘れました
緑と透明のガラスを使用した色かぶせガラス、
ハンドカットによる面取り、エナメルペイントや金彩による絵付け。
とても手の込んだ逸品。

頒布会のグラス。
妻のお気に入り。
大きさがちょうど良いので、妻が普段使っています。
エナメルで手描きのグラスは日本ではあまりないと思います。

日本酒を飲むために買った頒布会ですが、やはりボヘミアングラスは
洋酒を飲んだ方が合うのかと思うこともあります。

大きさ的には日本酒に合っていますが、
しみじみ飲むと言う雰囲気はありません。

グラスと酒の一騎打ちという感じでしょうか。
特にこのグラスは綺麗すぎるので、
中に入れるお酒を選ばなければ、酒が負けてしまいそうです。

これに勝てる華やかな酒を探さなくては。
もちろん日本酒で。


プロフィール

houq

Author:houq
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR