マヨパン

マヨネーズの付いたパンだと思ったら真夜中のパン屋さんを省略した呼び方でした

六巻目の本の帯を見て初めて知りました

マヨネーズを塗りその上にウインナーを載せ焼いたパンを思い出してしまいました

そのマヨパンも六巻で完結

古本屋で1~3巻を一冊108円で買ったのが始まりでした

読みやすいし悪い人が出てこない話

ピッタリ好みに合いました

問題は読んでいるとお腹が空くこと

そういえば居酒屋ぼったくり

こちらはお酒も飲みたくなるので二重につらいような・・・






スポンサーサイト

火曜日に買った・・・

火曜日に買った文庫三冊

水曜日に妻が買ってきた文庫一冊

日中読むとすぐ終わるので、晩御飯の後お酒を飲みながらの楽しみにしていました

それも昨夜で読み終わりました

今夜からは一度読んだ本の中から面白そうなものを選び出して読むしかありません

ただ、一度読んだ本は読んでいるうちに眠くなってしまうのが欠点

それはそれで深酒にならないから良いことかも・・・






泣ける小説と老眼鏡

有川浩の旅猫リポート読みました

裸眼で読み始めればよかったのですが、老眼鏡をかけて

涙を拭くたびに老眼鏡をはずす面倒

でも一度老眼鏡をかけてて読み始めると、裸眼では焦点が合いにくくなります

有川浩に一言言いたい

年寄りを泣かすな・・・

休日で家族がいたかから我慢したけど

一人なら声を出した泣いたと思います

もう一度言いたい

年寄りを泣かすな・・・





高齢者

異次元居酒屋のぶ 1~4巻

居酒屋ぼったくり 1~6巻

計十冊借りたので掃除、炊事、トイレ籠城、酔っぱらっている時そして今日は除雪

それ以外の時はただもう読んでいます

若い頃なら六冊ぐらいは軽く一日に読めたような軽い本

家事をしたとしても一日四冊は読んでいたと思います

それなのに月曜日の朝に借り、今の時点でてようやく五冊半読んだところ

目が悪くなり理解力がなくなり根気もなくなる

そんな私は今日から高齢者の仲間入りです





スカラムーシュ・ムーン読み返し

読む本がなくなって海堂尊のスカラムーシュ・ムーンを読み返しています。

主な舞台は加賀(宝善町)の養鶏所。

このシリーズは地名を微妙に変えてあるので、おそらく金沢大学であろう大学が加賀大学。

隣の県だからなおのこと本の中の地名、施設はどこのことかと気になります。

ワクチン製造用にワクチン用卵の製造と運搬、それの妨害勢力との攻防。

書けば一行ですが恋ありアクション?ありで二度読みしても面白いです。

こんな時は忘れっぽくてよかったと思ってしまいます。

中でも一番よかったのが彦根から離れていったシオンが戻ったこと。

若い恋人たちの話よりこちらの方がほのぼのしました。





プロフィール

houq

Author:houq
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR